Useful Content
お役立ちコンテンツ
税務会計や医業・福祉に関する最新情報や注目情報をピックアップして配信しています。
文書作成日:2022/12/31

 一般診療所の施設数は、全体として増加を続けています。では診療科目ごとではどうでしょうか。ここでは厚生労働省の調査結果(※)から、診療科目別の一般診療所施設数の推移をみていきます。

 調査結果から、診療科目別の施設数について、過去3回分の調査結果をまとめると下表のとおりです。

 2020年時点で最も施設数が多い診療科目は内科で、全国に約6.4万施設あります。次いで小児科が約1.9万施設となっています。その他、消化器内科(胃腸内科)、循環器内科、整形外科、皮膚科、外科、リハビリテーション科が1万施設を超えています。

 2017年から2020年の増減率では、一般診療所全体は1.1%の増加でした。診療科目別にみると、救急科が30.4%で最も高く、次いで病理診断科が25.0%の増加でした。いずれも全国で100施設に満たない数ではありますが、2014年以降で増加を続けています。また、増減率が10%以上となったのは、美容外科を除くと、いずれも1,000施設未満の数が少ない診療科目でした。

 2017年と2020年に続けて減少した診療科をみると、小児科や外科、消化器内科(胃腸内科)、循環器内科、整形外科、リハビリテーション科といった、施設数が1万を超える診療科目が含まれています。

 貴院を取り巻く市場環境を考える際の、資料等になりましたら幸いです。

(※)厚生労働省「令和2(2020)年医療施設(静態・動態)調査(確定数)・病院報告の概況
 全国の医療施設を対象にした調査で、静態調査は3年に1回実施されます。ここで紹介したデータは静態調査の結果によるものです。なお脳神経内科は、2019年までは神経内科として把握していたということです。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ・ご相談
お困りごとやご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
受付時間 平日9:30〜18:00
03-5990-5910
サービスについての内容など
まずはお気軽にお電話ください
お問い合わせ
24時間お問合せを受け付けております。
ご用件の詳細をご記入いただくとよりスムーズにご案内ができます。